結婚30周年・真珠婚の両親に贈りたいプレゼント

結婚30周年・真珠婚
ご両親が結婚30周年を迎える記念に何か贈り物をしたいと考える方は多いのではないでしょうか?!

25周年の銀婚式の時は、兄弟姉妹がみんな社会人というわけではなかったけれど、今回は揃って社会人という方がほとんどではないかなと思います。

学生の時は出来なかった感謝の気持ちを社会人としての収入のある今ならしっかり形に出来そうですね。

どんな贈り物が喜ばれそうか、一緒に見ていきましょう。

30周年の真珠婚の意味

真珠婚の真珠には、「富」「健康」「円満」など幸せを招く意味が込められています。
30年の間には色々な出来事があったでしょうけれど、それを乗り越えて、ご夫婦でいるご両親、きっとお互いのことは十分に分かっている事と思います。
子供が巣立った、これから2人の人生を真珠の意味のように幸せいっぱいに過ごしていただきたいですね。

プレゼントの予算

プレゼントをしたいと思っても、いくらくらいの予算なのか決まらないと選びにくいですね。
まずは、予算を決めてみましょう。

社会人と言う事とで数万円の予算〜30周年なので30万円くらいまでの間で決める方が多いようです。
兄弟姉妹の人数によって一人当たりの予算も変わってくるので、この辺りは皆さんでご相談していただくのが一番です。

プレゼントの選び方

プレゼントは贈る側の都合より、ご両親の欲しいものや喜んでくれそうなものを日頃からリサーチしておくといいですね。
毎日の生活の中で欲しいもの、日常を離れたことろで欲しいもの。どちらが希望だろう?!その辺りから探っていきましょう。

日常で買い替えや新しく必要なものがある場合

日常で使ってもらえそうなものがあれば、それをプレゼントしてあげるのが一番ではないでしょうか?
自分で購入する予算の物より、いいものを贈られたら嬉しいですよね。
便利機能がついてる使いやすいものを見つけてあげるのもいいでしょう。

例えば、冷蔵庫や炊飯器なども新しい高機能のものが出ています。
毎日使う物だからいい物だったら嬉しいですね。

ご両親揃っての趣味のある方

ご両親揃っての趣味のある方なら、趣味のものをプレゼントすれは楽しい時間に、そのプレゼントを活かしてもらう事が出来いつまでも印象に残るプレゼントになると思います。

絵を描く趣味なら、特別な画材をプレゼントされたら、記念に1枚書いてみたくなりますね。そして、その作品も記念として残ることになります。

日常は足りている感じなら

日常で使うものはすでに足りていると思われるのなら、お出かけ用のアクセサリーや旅行そのものをプレゼントするのも記念になっていいですね。
非日常の中で、若かった頃の思い出を語るチャンスが生まれれば、これからの夫婦生活もまた新たな気持ちで過ごせるようになります。

旅行なら同じ価格の中でも、ちょっと上質なものを選んであげるのがポイントです。

真珠をプレゼントするなら

真珠婚だからやっぱり真珠にこだわりたい!という方は、真珠をあしらったネクタイピン・ネックレス・時計・万年筆なども喜ばれます。

旅行や会食などをプレゼントした他にお花を贈るなら、その中に真珠を入れてプレゼントするのも1つのアイデアです。

まとめ

どんなプレゼントを贈るかは、兄弟姉妹の意見を上手くまとめてみてくださいね。
子供達からのプレゼントというだけで、きっとご両親は喜んでくれると思います。

いつまでも、元気で楽しく過ごしてください。の気持ちを込めて贈りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です