アクセサリー・自分で出来る素材別お手入れ

アクセサリー使った後、汚れてしまった時自分でお手入れできたらいいですね!

このままの状態では、ちょっと使えない・仕舞えない
そう思った時自分でできるお手入れを知っていれば
次のお出かけの時に、また気持ち良く使うことができます。
お家で出来る簡単な方法をご紹介します。

布でできているもの

布でできているものは、基本濡らさないで使っていただくことを前提に作られているものがほとんどです。
濡れてしまった時は、出来るだけ水分を拭き取り速やかに乾かします。

ドライヤーなどで、急激に乾かすと縮んでしまうもの(縮緬)などは、出来るだけ水分を拭き取り、後は自然乾燥させます。

コテを使って仕上げてあるものは、形が崩れやすいので形を整えてから乾かします。

金属でできているもの

金属でできているモノは、金でもプラチナでも長い間にはくすんできてしまいます。

時々柔らかい布で拭いて、表面の汚れを落としておきます。

汗をかいたときなどは、ぬるま湯で軽く洗ってから乾いた布で水分をよく拭き取ります。

汚れが目立つ時は、綿棒や歯ブラシを使って軽くこすって汚れを落とします。

簡単に落ちない時は、歯磨き粉や専用クレンザーで磨きます。

シルバー製品は、専用のクリーナーに漬け置きしてから水で濯ぎ水分をよく拭き取ります。

天然石を使っているもの

石によって水気を嫌うものがあります。
どんな石なのか調べてから、お手入れを始めます。

水を使えないものは、柔らかい布で軽く拭きます。

水で洗えるものは、軽く洗って水分をよく拭き取ります。

水晶の上に置いたり月光よくをさせたりしても輝きが戻ることがあります。

レジンなどでできているもの

軽い汚れなら、柔らかい布で拭きます。

それでも落ちない時は、湿らせた布で拭き取ります。

天然素材でできているもの

ドライフラワーなどの素材を使っているものは、基本洗うことができません。

ハケなどで、優しくホコリを取り除きます。

パソコン用のスプレーを使い、細かいところのホコリを吹き飛ばすこともできます。

まとめ

アクセサリーと言っても、素材によってお手入れ方法が違います。

汚れがひどくならないうちに、こまめにお手入れしておくことが大切です。

お気に入りほど使う頻度が多くなり、汚れもつきやすいです。
お手入れして長く使いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です