ハンドメイドイベントで売り上げ成果を出すコツ4

初めてのハンドメイドイベント、着々と準備が進んだら次へ繋ぐことも考えて行きましょう。
1回だけでなく、別のイベント参加のお知らせやあなたに繋がるネット情報など、お客様にお知らせすることを考えて行きくと1回だけの接点でも、お客様とのつながりを深く広くしていくことが出来ます。

ロゴマーク

ロゴマーク

まずは、自分のお店のマークを決めましょう。
インスタ、ツイッターFBなどマークを見ただけでイメージできますよね!

お店のブランドのマークを見ただけで

「あ!あのお店」

とすぐにイメージが結びつきますね。

あなたも、ロゴマークを見ただけであなただと解ってもらえる様にしていく必要があります。

あなたが、どんなコンセプトでやっているのか、何を伝えたいのかが解るものであればOKです。
手書きでも良いですし、イメージ写真から作っても良いでしょう。
今は、たくさんのアプリがるので、まずは無料で試してるのも良いですね。

イメージが固まって、もっとこうしたいという希望がはっきりしたら、デザイナーさんにお願いして作ってもらうのも手です。

づっと同じものを使うことで、お客様に覚えてもらうためのものです。

適当に考えて決めてしまい、後で作り直しなんて事のないように、ロゴマークはしっかり考えておきたいですね。

案内

ショップカードや案内を準備

ショップカードは、お客様とその場限りでなく、次へと繋げていく大切なツールです。
自分のコンセプトを短くまとめて書く、作品の画像を載せる、自分を覚えてもらうために顔写真を入れる等
お客様にPRしたいものを選んでショップカードを作りましょう。

あなたの情報発信しているブログやツイッターやインスタなどのURLを入れておくのも忘れずに!

ショップカードに、あなたが決めたロゴマークを入れておけば、別のメディアでマークを見時に統一感から安心して見てもらうことが出来ます。

人て初めてには抵抗があるけれど、2回目は敷居が低くなります。

あなたも初めてのお店に入るときの緊張感と2回目に同じお店に入る時、だいぶ気持ちが違うと思います。
リアルとネットの違いがあれど、それは同じことです。

リアルで1度会っていて、ネットで見るのが2回目という思いがあれば、お客様は勝手に親近感を持ってくださいます。

ぜひぜひ、統一感を出すためにロゴマークを入れておきましょう。

また、次回イベント参加など、すでに決まった情報があれば、それもお客様に渡せる形で準備しておきましょう。
今日だけじゃなく、また次回も見にきて頂けるように、お知らせしておくことは大切です。
ご本人だけじゃなく、お友達を誘ってくださるかもしれません。
何枚でも持って行って頂けるように、多めに準備しておくと良いですね。

まとめ

お客様との繋がることは、それほど難しいことではありません。
あなたが普段人に会って気持ちよく接することが出来て入れば、そのままで良いのです。
相手がお客様と思うと、いつもと違った特別な事をしなくちゃと思うってしまうかもしれませんがそんな事はありません。

もし、どうしたら良いか迷ってしまったときは、自分がお客様になった時にして欲しい事をイメージして見ましょう。

解決策が見つかるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です