11月11・12日は「きものday結城」着物好き集まれ!その1

結城紬のお人形
今年も、11月11日(土)12日(日)2日間、茨城県結城市で「きものday結城」が開催されます。

着物好きな方、古い町並みを散策するのが好きな方、にオススメなイベントです。
せっかくいらしていただくあたり、イベントの見どころお得情報をご紹介しますね!

きものday結城ってどんなイベントなの?

きものday結城は、結城紬の良さを知っていただくイベントです。

着物がお好きな方にこのイベントを通して2日間着物を着ていただき街を散策して楽しんでいただきたいと企画されています。

結城市ってどんなとこ?

茨城県の西部に位置し、栃木県小山市と隣接しています。
鎌倉時代から城下町の基礎を形成していて、関東でも有数の古い城下町です。

昔から「結城紬」の産地として有名で、その名前は全国に知られています。
今では、パリコレで使われるシルクの生地なども制作されています。

また、三蔵と言って「味噌蔵・酒蔵・醤油蔵」が1つの町にあるという珍しい町でもあります。

今でも、古い建物が街のあちこちに残り普段から歴史好きな方が訪れる町です。

数年前には、歴女とゲームで有名になったあの「お手杵」もあります。

結城市にはどうやっていったらいいの?

電車の方は、東北本線「小山駅」で水戸線に乗り換えていただき2つ目の駅です。
1時間に1本か2本しかないので、しっかり下調べをしてからいらしてくださいね。

お車の方は、国道4号線と国道50号線が交わる小山市で国道50線に乗り約10分で到着です。

首都圏中央連絡自動車道 五霞ICから約30分
(国道4号バイパス経由,約25km)
東北自動車道 佐野藤岡ICから約40分
(国道50号経由,約27km)
北関東自動車道 桜川筑西ICから約30分
(国道50号経由,約23km)

どんな楽しみ方があるの?

着物姿の方が70%を超えることが多いので、それを見ているだけでもタイムスリップした感じを楽しんでいただけます。

昔ながらの建物の前で記念撮影をすれば、まるでその時代のような写真を思い出として残せます。

毎年人気なのは、人力車に乗れる体験です。
いつもと違った高い目線で町並みを見ると気分も変わります。

また、自分で手作りしたい方の為の和物のワークショップも開催されます。
髪飾りや着物姿で使いたいショール留めなども作っていただけます。

着物を着てると特別サービスがありますか?

お店によって着物姿の方には、割引やお土産サービスがあります。
当日会場で配られる案内を参考にしてくださいね!

まとめ

「きものday結城」では、事前のお申し込みで参加できる抽選会で、結城の名産が当たります。
これを目当てにいらしゃる方も多いです。

結城紬の反物一反が見事にあたり、翌年お仕立てしてお召しになってきた方も
いらしゃいました。
いろんなワクワクがありますので、ぜひいらしてください。

手作りワークショップは「その2」へ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です