サムシングブルーは幸せになれるおまじない♪

「サムシングブルー」という言葉は、結婚式を挙げたいと思っている方ならきっと聞いた事があると思います。

新郎新婦の永遠の幸せを願ったヨーロッパに伝わる古くからの言い伝えの1つです。

どんな意味があるのか、どうやって取り入れたら良いのかお伝えしましょう。

サムシングブルーとはサムシングフォーの1つなんです。

じゃあサムシングフォーは何?というところからお伝えしましょう。

サムシングフォーとは、結婚式に花嫁さんが持つと幸せになれると言われている4つの物の事です。
「何か1つ古い物」「何か1つ新しい物」「何か1つ借りた物」「何か1つブルーの物」この4つになります。


◎何か1つ古い物(サムシングオールド)
先祖代々受け継がれてきた物、財産や宝石など
家族の絆や伝統を象徴しています。
結婚式では、祖母や母から譲り受けた物を身に付けるのが一般的です。

◎何か1つ新しい物(サムシングニュー)
新生活を踏み出すために新しく準備した物
新生活が希望に満ちて幸せなものになります様にと願いを込めて準備します。

◎何か1つ借りた物(サムシングポロー)
幸せな結婚生活を送っている人から借りた物
幸せな結婚生活を送っている人から借る事で、幸せのおすそ分けをしていただく意味があります。披露宴の会場でハンカチを借りるのが定番の様です。

◎何か1つブルーの物(サムシングブルー)
ブルーは幸せを呼ぶ色とされています。
花嫁の清らかさ誠実な愛の象徴とされるブルーの物を、結婚式の時に目立たない様に身につけると良いとされています。

サムシングブルーをどう取り入れたら良いの?

サムシングブルーが幸せを願うものだということがわかったら、どうやって取り入れたら良いか気になりますね!

◎ブーケに入れる
ウエディングブーケに青い花やリボンを入れる事を希望する花嫁さんはとても多いです。
白いブーケにほんのちょっとブルーを入れて仕上げたブーケは、清楚で可憐な印象になります。

◎アクセサリーに入れる
指輪・イヤリング・ヘアアクセサリー等にブルーの物を取り入れるのも良いですね。
天然石・ビーズ・リボンなど好みに合わせて簡単に取り入れることが出来ます。



◎ウエディングケーキに入れる
ケーキの飾り付けの中にブルーのキャンドルやリボンなどを入れてみましょう。

サムシングブルーは、お式当日の花嫁にとってはお守りにもなります。
結婚生活へのワクワク感を高める様に自分らしいアイデアで結婚式に取り入れてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です