結婚式にはどんなコサージュを付けていけばいい?!

結婚式にお呼ばれするのは嬉しいものですね!

招待状が届いた時から、どんな服を着て行こう?
アクセアリーはどうしよう、久しぶりに会える方たちの顔を思い浮かべながら準備を始めるのはとても楽しい時間ですね!

でも、主役はあくまで新郎新婦ということを心に留めておきましょう。
親戚知人のハレのお席です。TPOに合わせて失礼のないように
お呼ばれする側のマナーを知っておくとコサージュを選ぶときにも役立ちます。

主役への配慮を考えましょう

結婚式の主役はなんと言っても新郎新婦です。
特に白い色は、新婦が白い衣装に身を包みこれからあなた色に染まります。
そんな思いを込めた白です。
主役のお二人を引き立たせるためにも、呼ばれる側は白を使うの遠慮しましょう。
生花も主役のブーケへの配慮をして避けたほうがいいでしょう。

どんなコサージュを選んだらいいの?

親戚であれば、迎える側でもあります。
派手すぎるものを避け、控えめなコサージュを選びましょう。
お洋服と同系色や淡い色を選ぶといいでしょう。

お友達や会社の同僚などの場合は、コサージュだけが目立ちすぎなければ華やかさがあってもいいのでドレスに合わせて選びましょう。

 

どんな色を選んだらいいの?

お洋服と同系色を選ぶのが失敗しない一番の方法です。

お洋服がベージュ系やグレー系なら同色でまとめれば
落ち着いた大人の感じになります。
ワンポイントで淡いピンクやイエローなどパステルカラーを添えれば、顔色が良く見え明るい印象になります。

お洋服が紺色など濃いめの色なら、明るめのコサージュを選ぶといいですね。
ビーズやラメの入ったものなら、豪華さを出すことができます。

コサージュをつける位置はどこ

コサージュは、左の胸元から鎖骨のあたりにつけるのが基本です。

やや高めの位置につけたほうが、相手からの目線が上にくるので
っきりした印象を与えることができます。
コサージュ自体も下に付けた時より軽やかな印象になります。

服装にあっていれば他の位置につけても大丈夫です。
鏡を見ながらバランスを考えて決めましょう。

顔色を良く見せたいときは、明るい色合いのものを顔に近い位置につければお顔にコサージュの色がうつり顔色を良く見せることができます。

コサージュのサイズや素材

コサージュは、華やかさを出すためにつけるものです。
あまり小さすぎても役目を果たしませんが
大きすぎると全体のバランスが崩れますので
10cm前後のものがオススメです。

流れる様なラインのものは、軽い印象のものなら、もう少し大きなサイズでも大丈夫です。

注意したいこと

素材は特に決まりはありませんが、生花を避ける意味で
あまりリアルな造花も避けた方がいいでしょう。

髪に付けるのは花嫁の特権ですからやめておきましょう。

お祝いの席です。
白や黒の単色は避けるようにしましょう。

まとめ

コサージュを選ぶときは、服装・髪型・他のアクセサリーとのバランスを考えてトータルで選ぶと上手くいきます。

楽しい時間を過ごせるように、新郎新婦への配慮を心に留めて選ぶことを忘れないでくださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です