18金ピアスは、金属アレルギー対策にはならない!?

「ピアスをしたいけど金属アレルギーなの」

「どんな素材なら良いのかしら?」

「18金なら大丈夫って聞いたけど、本当はどう?」

おしゃれはしたいけれど
金属アレルギーが気になる方もいらっしゃいますね!

18金は、どうなのでしょう?!

18金は合金なので、含まれている金属に

アレルギーを持っている方には

金属アレルギーが出る可能性があります。

 

どんな金属が含まれているのか見ていきましょう。

 

18金に含まれている金属

18金とは75%の金+25%の金合金のことを指します。

この金合金の中には、主に銀・銅・パラジウム等が含まれています。

だから、これらの金属にアレルギーのある方は

18金を使うと金属アレルギーが出る可能性がああります。

18金は変色しない?

18金は、変色しないと思っている方もいらっしゃいますが
実は、合金なので変色していきます。

銀の変色の激しいことは、よく知られていますね。
温泉に行った時に外し忘れるとすぐに黒ずんでしまいます。

銅も野外にある銅像を見れば
どんな風に変化していくのか見て取ることができます。


25%入っている金属の割合がどんなものなのか
それによって変色の仕方も違ってきますが
必ず変色の可能性はあります。

 

金属アレルギー対策にはどうしたら良い?

こうしてみてみると18金は、金属アレルギーの方には
向かないことがわかります。

18金を使いたいときは、あなたの金属アレルギーが
何に反応して起こるものなのかを確かめた上で
使う必要があります。

どうしても金属アレルギーを避けたい場合は
樹脂製のものを使う事も選択肢になります。

また、医療用のステンレスや溶けにくいと言われるチタンを
使う方がより快適にピアスを楽しむことができます。

最近では、金属の上から塗るタイプの樹脂も出ています。
短期的でいい場合は、そういったものを利用する方法もあります。

 

せっかくのおしゃれです、自分のアレルギー物質を知って

楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です