ハンドメイドで使いたい髪飾りの金具の知っておきたい使い分け2

ハンドメイド作家で
アドバイザーのSAKURAです。

今日も、ハンドメイド作家さんの
お役立にたてる情報をお届けします。

今日は、髪飾りを作るときに使う金具について
ちょっとした違いを知っっていると
作品作りがスムースです。

「リボンを作りたいんだけど
どの金具をつけよう?」

「七宝焼きの作品には
どの金具がいいのかしら?」

「ビーズや小花を集めた作品を
作りたいのだけど!?」

作品を作る時に悩んだ事はありませんか?

 

前回は、機能的なことをお話しましたので
今回は、作る上での事をお話します。

髪飾り金具

 

 

 

 

 

 

 

髪飾りを作る時にどんな金具を
使ったら良いか迷うことは
ありませんか?!

作りたい作品によって合わせやすい
金具も変わってきます。

右上から順に説明して行きます。

 

1.クリップ

細長い形なので、リボンなどを作りたい時
そなままリボンの長さに合わせて
貼り付けて使うことが出来ます。

また、ビーズや小花などを直接貼り付けて
ライン状の作品を作る時にも便利です。

 

2.バレッタ

ベースを使った作品の裏側に縫い
付けて使うのに便利です。

簡単に作品をグルーで貼る事も出来ますが
取れやすいので、出来れば2液の接着剤を使い
更に縫い止めておくと安心です。

 

3.台付きバレッタ

台付きバレッタは、七宝焼きの作品を
作る時に便利です。

また、綺麗な生地をそのまま活かして
作品を作る時にもベースが支えになるので
しっかりと作ることが出来ます。

その他、ベースを活かして小さくパーツを
たくさん組み合わせて作る作品にも向いています。

 

4.コーム

リボンなどの布作品を作った時に
コームの上側を縫い止めて取付けます。

作品のステム状のところに
ワイヤーやテープで巻き留めて
使うことも出来ます。

 

自分が作りたい作品に合わせて
使いやすい金具を選んで行くと
作品をまとめるのが、とてもスムーズで
仕上がりも綺麗に出来ます。

 

ぜひ参考にしてくださいね!
(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です