ネックレスの自分で出来るお手入れ方法

ネックレスのように肌に直接触れるアクセサリーは、きちんとお手入れをして綺麗な状態で仕舞いたいですね。

「保管中に変色してしまった!」なんてことの無いように、自分でできるお手入れをしてから仕舞う習慣をつけておきましょう。

自分で出来るお手入れ、どんな風にしたらいいかまとめてみました。

金属のネックレス毎日のお手入れ

1日付けただけでは、目に見えた汚れは無いかもしれません。

でも、肌に触接触れていれば、汗や皮脂が付いています。

そのままにしておくと、だんだんに目に見える汚れになってしまいます。

そう成らない為にも、毎日こまめにお手入れをしましょう。

カーゼで拭く

特に目立った汚れがなければ、乾いたガーゼなどの柔らかい布で軽く全体を磨くように拭いてあげましょう。

湿らせた布で拭く

肌に触れていた部分をポイント的に濡れた柔らかい布で拭いてあげましょう。

ぬるま湯で洗う

汗をかいたときは、ぬるま湯で軽く洗ってから、乾いた布で水分を拭き取りましょう。

金属のネックレスを集中的にお手入れしたい時

毎日のお手入れをしていても、汚れが目立ってきたと思ったら、時にはしっかりとメンテナンスをしてあげましょう。
チェーンの間や、彫りの深いデザインの物などは、丁寧にお手入れすればまた、もとの輝きを取り戻してくれます。

歯磨き粉で磨く

 柔らかい布に少量の歯磨き粉をつけて優しく磨いてあげまると表面のくすみをすっきりと取ることができます。

チェーンの間に歯磨き粉が入ってしまったら、ぬるま湯で洗ってから水分を拭き取ります。

爪楊枝や綿棒で掃除する

チェーンの間や彫りのあるものは、爪楊枝の先で優しく汚れを取るように擦ります。
面積の広いところは、綿棒でこするようにして綺麗に磨きましょう。

 中性洗剤で洗う

 化粧品がついたり、気になることが有った時は、中性洗剤でを溶かしたぬるま湯の中で軽く洗ってから
十分にすすぎ、乾いた布で水分を拭き取ります。

クリーナーを使う

 落ちにくい汚れがある時は、金属専用のクリーナーを使ってお手入れしましょう。

天然石のネックレスのお手入れ

天然石の中にも水分を得意としないものもあります。濡らしても大丈夫かどうか、お持ちの天然石の性質を調べた上てお手入れをしましょう。
天然石の名前や性質がわからない時は、乾いた布で拭くだけにしておきます。

パールのネックレスのお手入れ

パールは水中で育つので、お水につけても大丈夫ですが、パールを繋ぐために糸をつかている場合が多いです。
化学繊維であっても水分を含んでしまうことがありますので、水につけて洗うのは避けた方がいいでしょう。
乾いた布、もしくは湿らせた布で軽く拭いてあげましょう。

 シルバーのネックレスのお手入れ

シルバーは、金属の中でも変色は激しい素材です。
温泉地に行く時は、変色させないためにも外しておくことをお勧めします。
変色してしまった時は、お家で使えるシルバー専用のクリーナーを使いましょう。
布に付けて磨くタイプ、液体にネックレス全体を付けるタイプがあります。
凹凸の少ないものなら、磨くタイプを使います。
凹凸の細かいものや繊細なものなどは、液体を使いましょう。

まとめ

お気に入りのアクセサリーをいつでも綺麗な状態で保管しておけば
いつまでも輝きのある状態で楽しむことができます。
日々のちょっとしたお入れを心がけてみましょう。
どうしても手に負えない汚れができてしまった時には、無理なことをしてトラブルになる前に、お求めになったお店などプロの方に相談してからお手入れを決めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です