ピアスの穴を開ける前に知っておきたい事

「ピアスを開けたい!」
でもちょっと不安がある、分からない事がある
そんな方が、このページにたどり着くのだと思います。

本当にピアスの穴を開ける必要がありますか?
まず、自分に再確認をしましょう。

一度開けた穴が塞がることはありますが
傷が綺麗に消えることはありません。

本当に開けたい!
と思った方は、以下のことを確認してから開けましょう。

いくつ穴を開けますか?

片方だけに開けようと思っている。
両方に開けようと思っている。
複数の穴を開けようと思っている。
左右違う数を開けようと思っている。

年齢が変わってもピアスをつけますか?

今だけおしゃれを楽しみたいのか
歳を重ねてもピアスをつけ続けるのか
あなたのイメージする未来はどんな感じですか?

今だけというならフェイクピアスで楽しむ事も出来ます。

開ける位置に意味がある?

両方に1つづつ開ける場合は、特に意味は無いようですが
片方だけに開ける場合は、男性は左・女性は右が一般的な様です。

海外では
男性が右に開けているとゲイ
女性が左に開けているとレズ
という意味合いがあるそうです。

複数開ける場合も片方に多い数を開けると同じ意味合いに
なるそうです。

風水を信じる人は開けない?

風水を信じる人の中には、穴を開けるとそこから「気が抜けてしまう」
と考え方があるので開けない人が多いそうです。
また、体の気の流れも変わってしまう事がある様です。

穴を開ける時に気をつける事

病院で開ける場合も自分で開ける場合も
開けたいところに印をつけて、位置を確認してから開けましょう。

1度開けてしまって
「ここじゃなかった!」
と思ってもやり直しはできません。

特に複数の穴を開ける場合は
使いたいピアスの「デザイン」や「サイズ」「重さ」を考えて
耳への負担、バランス良く付けられるかを考えて開けましょう。

オススメの位置は?!

1つだけ開けるなら、耳たぶ中央のやや下の辺りが
バランス良く飾れます。

特に垂れ下がるデザインの場合、上すぎると
綺麗に揺れない事があります。

また、耳たぶの端に穴を開けてしまうと
ピアスが引っかかり、耳たぶを痛めることもあります。

おしゃれを楽しむ為とはいえ、体に傷をつけるピアスの穴
しっかり考えてから開ける様にしましょう。

迷ったら、フェイクピアスで楽しむことも選択肢として
知っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です