髪かざりに使われている金具の名前と種類

特別なお出かけには髪飾りも、いつもと違うものをつけて出かけたいと思いますね。

実物を見て購入するときは試してみることもできますが、ネットで購入するときは試してみることができません。

そんな時に金具名称を知っておけば判断に迷う事がありません。

デザインが気に入っても金具があなたの髪の長さや当日の髪型に合わないと使う事が出来ない事もあります。

例えば、同じリボンでも金具がコームなのかバレッタなのか、金具が違えば使い方が変わってきます。

名前を覚えて、あなたの欲しいを探しやすくしておきましょう。

ヘアコーム

ワイヤーで出来た櫛形の金具です。

髪に差し込んで止めます。

短いストレートの髪では滑ってしまうので、髪を結んだりパーマをかけておくと使いやすくなります。

長い髪では、アップにした髪や夜会巻きに差し込んで使う事も出来ます。

バレッタ

リボンや大きな花の後ろに使われる事の多い金具です。

サイズは小さいものからお大きなものまで幾つかあります。

髪の少ない方や、サイドにちょっと止めたい時は、小さめの金具を選ばれた方が取れにくくなります。

逆に髪の多い人は、大きなものでないと全部の髪を留める事が難しいです。

 

スリーピン

髪の短い方でも気軽に使える金具です。

パチンと音がして止まるので「パッチンピン」と呼ばれることもあります。

小さい飾りが付いている事が多いので、ワンポイントで使う飾りになります。

Uピン

シンプルに髪を留める事ができるピンです。

U字に曲がっている部分にパールが1個だけ差し込まれているシンプルなものは、いくつも組み合わせて髪を留めるのと飾るのを合わせて使う事ができます。

また、大きな飾りをつけた時の補助ピンとしても使われます。

 

かんざし

髪に差し込んで使うタイプの髪飾りです。

長い髪をアップにした時に使います。

足が1本のものと2本に分かれているものがあり、2本に分かれているものの方が取れにくいのです。

複数のかんざしを使ったり、他の髪飾りと組み合わせて使うこともできます。

 

まとめ

髪飾りに使われる金具の事、わかっていただけましたでしょうか?

あなたの髪の長さと髪型に合わせて選んでくださいね。

迷ったら、美容師さんに相談すると飾りにあった止め方を工夫してくれたり

金具を取り替えて使いやすくしてくれる事もあります。

事前に髪飾りを見ていただいて、相談しておくと当日スムーズに仕上げてもらうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です