アクセサリーのモチーフに込められた意味 その3(鳥)

アクセサリーには、様々な形のものがあります。
例えば、花・昆虫・動物etcそれぞれには意味が込められています。
西洋では形にできない思いを伝える時にアクセサリーを贈ったと言われています。
モチーフの意味を知って使えば楽しさも倍増します。

また、プレゼントする時にもデザインを選ぶ参考になります。
鳥モチーフの意味についてご紹介して行きます。




《羽・翼》
羽根・翼は、大空を舞う自由・上昇や飛躍の象徴です。
身につけた人の隠れた才能を高めて飛躍させると言う意味があります。

《鳩》
鳩は、平和の象徴です。
ノアの箱船に鳩がオリーブの小枝を加えて戻ったことから地球が無事であると知らせたことが由来と言われています。
鳩が舞う大空は、天国を表すとされています。

《ツバメ》
ツバメは、巣を作り夫婦揃って子育てをする姿から「長く幸せな家庭を築く」象徴です。
子供達にせっせと食べ物を運ぶ姿から幸せを運ぶと言う意味もあります。

《ふくろう》
ふくろうは、学問の神様の象徴です。
学業成就の意味が込められています。
また、音の響きから「不苦労」(苦労しない)と書かれ来福の意味もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です